+甘えんぼ+









もう、何度触れ合っただろう。
数えることも忘れ。
むしろ数えても覚えていないくらい。
シンは、ようやく口付けることをやめた。
しかし、まだ陽が落ちきっていないことから、ほんの数分しか経っていないことが知れる。


「・・・泣き止みました?」

「・・・うん」


目元が痛々しく、赤くはれている。
それはシンも同じだ。

シンはキラの上から体をどけ、横に座る。
そして、キラのさらさらと風になびく髪の毛を軽く梳いた。


「・・・すっきりしました?」


鉛のようだった心が、羽でも生えているのではないかと思えるようになっている。
言われて気付き、キラは驚いた。


「・・・うん」


それを聞いて、シンの表情が緩んだ。
なにか、慈しむようなその視線に、キラは居たたまれなくなった。


「・・・良かったの?」

「なにがですか?」


いつの間にか、ずっとタメ口だった口調が敬語になっている。


「・・・僕は、君の仇でしょう?」

「・・・そうですね。自分でも馬鹿だと思いますよ」


キラに向けていた視線を、シンは空に向けた。





「でも、しょうがないじゃないですか。そうしたいって思ったんだから」





理屈とか、そんなものではなく。
ただ、純粋にそう思っただけで。
特に深くは考えていなかった。


「・・・・・・」


何かを言いたくて、言えなかった。
言ってはいけないことだと思った。
しかし、それに気付いたシンが、キラの髪を再度梳く。


「溜め込みすぎじゃないですか?」

「え・・・?」

「本音とか。どうしてそんなに抑え込むんですか?」

「それは・・・」


違う、と否定できたらどれだけ楽だろう。
ほんの数分前なら、そうできただろうに。
今は、彼の瞳の前で、嘘がつけそうにもない。


「・・・言っちゃ、いけないと思ったから」

「言うだけならタダですよ」


シンが真面目にそう言うので、キラは思わず苦笑した。


「・・・そうだね」


それでもキラは、自分にそれを許しきることができなかった。


「・・・なら、俺の前でだけでいいんで、本音で話してください」

「え・・・」

「俺はもうすでに知ってるんだから、問題ないはずです」

「・・・仇、討てなくていいの?」


これ以上知ったら、本当に辛いよ?
しかし、シンはとくに表情も変えずに、


「あんな顔見せられたら、そんな気も失せますよ」

「ごめん・・・」

「なんで謝るんですか。ほんと、変な人だな・・・」


呆れたようにシンが言った。


「・・・俺は、殺せないんじゃない。殺したくなくなったんです」

「シン君・・・」

「あの時あなたを殺さなくて良かったって、心底思ってるんですよ」


何故だろう。
彼の淋しそうな笑顔を見ていると、幸せになってほしくなる。
そんな笑顔を間近で見たいと思う。


「だから、もう気にせずに本音を話してください」

「・・・僕、甘えんぼだから・・・そんなこと言われたら、めちゃくちゃ甘えちゃうよ・・・?」

「・・・意外。ま、別にかまいませんよ。その分俺も甘えさせてもらいますから」

「・・・うん」

「じゃ、交渉成立」


シンは立ち上がって、まだ寝転んでいるキラに手を差し出す。
意図はよく分からないが、とりあえず上体を起こして、その手に手を重ねる。
シンはキラの手を掴んで、立たせた。
そして、壁際で連れて行き、そこでキラの手を離す。
座り込み、足の間を広げて、そこに座るようにとキラに示す。
首を傾げながらも、キラは素直にそこに座る。
シンはギュッとキラを抱きしめる。
キラは驚いて、しかし、シンの顔を窺うことはできない。


「シン君・・・?」

「泣いて疲れたんで・・・ちょっと付き合ってください」


そう言えば、少し眠いかも。

キラはそう思って、「いいよ」と返事をした。
楽な体勢を取って、体重をシンに預ける。


「・・・重」

「え、ごめん」

「嘘」

「・・・どっち」

「軽い」

「・・・そう」

「おやすみ」

「おやすみ・・・」


たくさんの人が優しくしてくれる中。

甘えていいと。
甘えさせてと。

その両方を言ってきたのは、シンだけだった。



















朝比奈ゆーり様から頂きました、「甘えんぼ」です!
っっ・・・・!!!(←声にならない叫び)
和解と言うべきか何と言うべきか・・・物凄く癒されました、私・・・。
心の底から二人とも良かったね、と!(泣)
あぁ、上手く言葉に出来なくて済みません;; ありがとうございました!!

そして次は「一緒に」です。どうぞっ!!




朝比奈様のサイトはこちらです!

 






広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット